ミッフィー大好き主婦の子育て&お小遣い稼ぎの記録

ミッフィーちゃんをこよなく愛する主婦です。ミッフィーちゃんのこと、2歳の息子の子育てのこと、お小遣い稼ぎについて綴ります。

【お出かけ】京都鉄道博物館に行ってきました♡

スポンサーリンク

 

こんにちは♡

 

GW前半は家族で京都鉄道博物館に行ってきました★

 

記録もかねてレポしたいと思います♪

 

1年ぶりのリベンジ♡息子の反応は??

実はちょうど1年前の5月にも

息子を京都鉄道博物館に連れて行った我が家。

 

その時すでに、電車や車を好きになり始めてはいましたが

なにぶんまだ1歳4ヶ月なので、ポカーンとしていることが多かったんです^^;

 

でも1年経ち、今では

「しんかんせん!」とか「ジェイアール!」とか「らいちょう!」

などと言ったり知っていることも増えてきたため、再訪することにしました。

 

「喜んでくれるかな?」

「意外と反応薄かったら悲しいな(遠い目)」

 

なんて内心ドキドキしていましたが

そこはやっぱり子鉄♡

 

期待以上に喜んでくれました♡

 

いつも少し遠くを走り去る電車が間近にドーーンと目の前にあったり

プラレールでしか見たことがない雷鳥や

普段ならまじまじとみることはない踏切がそこにあるのが不思議な様子で

とにかくウロウロウロウロして館内を隅々まで見ていました♡

 

SLスチーム号に乗ってみました♡

1階の展示スペースを一通り見たあとは

一旦2階に移動し、見晴らしの良い場所から扇形車庫の写真撮影タイム♡

f:id:miffyy:20180505150733j:plain

 

こんなに良い写真が撮れました♡

 

そして1階に移動し

SLスチーム号に乗ってみました。

f:id:miffyy:20180505150857j:plain

 

料金は300円(大人)と比較的リーズナブルだし

出発まであと5分ほどというところで

残り数席空いている状態だったので

それならば、と乗ってみました♡

 

このSLスチーム号

梅小路公園の横の線路を往復するだけ

というシンプルなものですが、南側には実際に在来線や新幹線が通っており

頻繁に電車が通過するので、そのたびに子供たちがはしゃいでいました♡

 

ただ、カーブもなく直線の往復だけなので、

そこを突っ込む年齢になるとつまらないと感じてしまうかもしれません^^;

 

息子はというと…

どうやら、乗り鉄ではないようで。笑

 

まず、発車するまでの3〜4分間ずっと

 

「おなかすいた!!」

「ぜりーたべたい!!」

 

珍しいものに乗れた喜びより

空腹感が優ったようで、、

動き出すとなんとか間が持ちましたが、なだめるのが大変でした。笑

 

子連れ(幼児)で遊びに行く際の注意点★

館内にはもちろん大人同士で遊びに来ている方もいらっしゃいましたが

多くが、幼児〜小学生を含む家族連れ。

 

今回私が感じた、幼児を連れて遊びにいく際の注意点をまとめてみます♡

 

1.車で来館する際は駐車場の空き状況のチェックを

 

我が家から京都鉄道博物館までは結構な距離があり

息子を連れて公共交通機関を利用するのは自信がないので

前回も今回もレンタカーを利用しました。

 

そこで毎回困るのが、駐車場問題。

 

そもそも、京都鉄道博物館には駐車場はないため、HP上には

お車でのご来場はご遠慮ください。との注意書きがあります。

 

とはいっても、博物館近くには

障がい者や高齢者、乳幼児連れの家族や妊産婦専用の「梅小路おもいやり駐車場」

や、タイムズなどのパーキングが設置されており、自分たちで空き状況を確認し

駐車スペースを確保できれば利用することはできます。

 

我が家が博物館近くに到着したのは

前回は15時頃、今回はお昼前という時間帯でしたが

なんとか駐車することができましたが、かなりの激戦です。

 

今回に関しては、1台空いてるーーー!と思ったら

今まさにバックで駐車する瞬間だったり。笑

 

運転しているお父さんと目があって

あちらも「ごめん…」っていう表情をされていました^^;

 

あと、空いていたとしても

駐車料金や博物館からの距離も気になりますよね。

 

もし駐車料金は高くてもいいし

博物館から結構な距離を歩いても大丈夫

という場合には、それほど苦労せず駐車することができるかもしれません。

 

2.前売入館券でスムーズな入場を

 

鉄道ファンに大人気で、休日ともなれば大混雑する京都鉄道博物館。

1年前にはじめて行ったとき、驚いたのですが

当日に入館券を購入しようとすると、かなり並ばなければいけないんです。

  

そこで便利なのが前売入館券。

 

これは全国のセブンイレブンに設置されているマルチコピー機(セブンチケット)

にて販売されているもので、当日入館券を買う列に並ぶ必要がなくなるのです。

 

同じものが、JR西日本の主な駅の「みどりの窓口」でも販売しているそうです。

 

小さなお子様連れなら特に

あと一歩で入館できる!というタイミングで

待ち時間はとられたくないと思いますので

事前に前売入館券を購入しておくことをおすすめします!

 

3.レストランは大行列!お昼ご飯の確保を

 

午前中から来館すると、必要になるのがご飯を食べる場所ですよね。

 

我が家も息子がスチーム号に乗るとき

「おなかすいたーーー!」と大声で叫ぶのでなかなか大変でしたが

小さい子供って一旦お腹すいたモードになると、待ったなしですよね。

 

我が家も、あわよくば館内で食事を…

と思い、チラリとレストランを覗きましたが、大行列。

 

なんとなく「館内では無理だろうな」

と思ってたので、おにぎりを持参していたのでそれを食べさせました。

 

館内を出てから駐車場に向かう途中

京都で有名なパン屋さん「shizuya」さんを見つけたので

そこでパンと飲み物を買い、改めてランチタイムとしました。

 

4.ミュージアムショップも入場制限の場合あり!

 

館内でたくさんの電車を見たら

お土産に関連グッズが欲しくなりますよね♡

 

そんなニーズに応えるかのように

館内の出口近くにはミュージアムショップ

というグッズを購入できるお店があります。

 

ですが、ここで要注意なのが

このミュージアムショップにも入場制限があるということ。

 

また、店内はそう広くないので

ベビーカーでの入店も可能ですが

身動きがとりにくいかもしれません。

 

我が家もベビーカーを置き

息子の手を引いてお店の中へ入りました。

 

ミージュアムショップでの購入品とまとめ

ミュージアムショップは大混雑でしたが

比較的空いていた絵本コーナーに息子が食いつき

夫と息子が絵本コーナーにいる間に、私だけ店内を一通り見ました。

 

そして購入したのがこちら♡

f:id:miffyy:20180505152018j:plain
f:id:miffyy:20180505152014j:plain


0系のケースは、中に入っている飴を出せば

携帯用のお菓子入れにも使えそうだと思って買いました♡

 

ワッペンはアイロンでもつけられるお手軽タイプのもの★

 

息子は無印などのシンプルなものを着せることが多いので

こういうのがワンポイントでついていると可愛いかな♡

 

こんな感じで、結局2階にある運転シュミレータやキッズコーナー

などは見ないまま博物館をあとにしました。

 

もう少し大きくなると待ち時間にも耐えられたり

キッズコーナーでも譲り合って遊べるのかもしれませんが

 

今、絶賛イヤイヤ期の息子。

 

目の前にあるものを触りたいのに・遊びたいのにできない

→ギャーーー!!ってなる→なだめる

 

の過程が容易に想像がついたので

ご機嫌なうちに帰ることにしたのです。笑

 

可能ならば、空いている平日に

食堂車やレストラン、運転シュミレータを体験してみたい…!!

 

とはいえ、関西圏の子鉄ならば一度は訪れたい京都鉄道博物館♡

 

我が家もまた行ける日が今からたのしみです^^