ミッフィー大好き主婦の子育て&お小遣い稼ぎの記録

ミッフィーちゃんのこと、2歳の息子の子育てのこと、お小遣い稼ぎについて綴ります。

【災害】備えること

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

 

こんにちは

 

一昨日朝に起きた地震。

 

私の住む地域も、最大震度ではないものの

大きな揺れがありました。

 

息子が生まれてから、初めて経験した大きな地震。

 

今後、20〜30年以内に起きると言われている南海トラフ巨大地震。

 

国が発表している被害想定を見ると

私個人が何か対策をしてもどうにもならないかもしれませんが

今一度、家庭内でも備蓄や、実際に地震が起きた場合どう行動すべきなのかを

考えてみたいと思います。

 

今回の地震発生時のこと

一昨日の地震発生時

午前8時前ということもあり、家族全員が自宅にいました。

 

揺れを感じて、すぐに息子の元に駆け寄り

座って抱き寄せ、揺れが収まるのを待ちました。

 

私自身、久しぶりに経験する地震。

 

しかも息子を守らねばと慌てていたので

とっさに床にしゃがみこみ、息子を抱き寄せましたが

本来ならば、もうすこし安全な、部屋の中央で

揺れが収まるのを待つべきだったかな、と反省しています。

 

なかなか難しいことですが

せめていつも過ごしている家の中では

非常時にどう行動するかはイメージしておくべきだと感じました。

 

地震発生後の行動

今回、私が住む地域は震度4でした。

夫が仕事に行くために乗る電車は全て運転見合わせ。

 

職場に連絡をすると、出勤は必須でないということになったため

ひとまず自宅で電車が運行再開するのを待つことになりました。

 

そしてこの時点で、我が家もガスが使えない状態であることが分かり

夫もいるので、火を使わずに食べられるものを買いにいくことにしました。

 

この日は週に1度の買い出しの前日ということもあり食料があまりない状態。

迷いましたが、息子もいるので買い物に行くことにしました。

 

スーパーには人が殺到しているかな…

いくら息子がいるからといっても、このタイミングで買い物って…

 

そんなことを思いながら、開店直後のスーパーに到着。

 

店員さんと話すと、何名かは電車の運転見合わせで

出勤できていない人もいるが、通常通りの営業とのこと。

 

客足もいつも通りで、我が家も必要な分だけを購入し帰宅しました。

 

レジのおばちゃんとも話しをしましたが

おばちゃんは阪神淡路大震災を経験しているとのこと。

 

「小さいお子さんは怖がってしまうから気をつけてあげてね」

と、温かい言葉をいただきました。

 

地震発生から数時間後

この日は、この買い出し以降は自宅にいました。

 

何度か余震はあったものの

震源地からはやや離れていることもあり

余震の震度もさほど大きくはありませんでした。

 

夫と息子が昼寝をしているタイミングで

備蓄や避難バックの見直しをしました。

 

日頃から頭の片隅にはいつもある地震のこと。

ですが、ガスが使えない状況になると

これまで気づかなかったことが色々と見えてきました。

 

まず、火を通さなくても食べられるもの

つまり缶詰やレトルト食品が常備できていないことを反省しました。

 

それから、息子用にビスコなどの簡単に栄養の取れるおやつ

これも普段から余分に買っておく必要を感じました。

 

今回、ガス以外の電気・水道は使えたのですが

もし「電気・水道も使えなかったら…」と考えると

何も対策ができていないと、ここでも反省。

 

そこでもやはり

缶詰やレトルト食品が役に立つと思うのですが

冷蔵庫や冷凍庫に入っていた食品を少しでも長持ちさせるため

保冷剤と保冷バッグを準備しておいたほうがいいと感じました。

 

それから、モバイルバッテリーや簡易トイレ

も今後早いうちに揃えておかなければ、と思っています。

 

「ガスが使えない」は知識不足によるものだった

先ほど、我が家もガスが使えない状態だった

と書きましたが、それは私たちの知識不足によるものでした。

 

ニュースで「ガスの供給が停止されている地域がある」

という報道があったので、揺れはさほど大きくはなかったものの

「我が家もその対象地域なんだ」と信じて疑わなかったのです。

 

ですが、時間を追うごとに

「うーん、本当にこのエリアも供給停止?」

と疑問に思いはじめたとき、Twitterである情報を目にしました。

 

それはガスが使えない場合

供給が停止されているのではなく

安全装置が作動し、ガスが出なくなっているだけの場合がある

というもの。

 

おそらくガスの開栓時、担当者から説明があったと思いますが

恥ずかしながら、私は覚えておらず、、

 

すぐにTwitterの情報をもとに

メーターについている指示書通りに操作すると

3分後にはガスが復活。

 

 

知識不足を恥じるとともに

改めてガス、そして電気・水道が使えることのありがたみを感じました。

 

週末、夫の休みに

備蓄用のものを買い物に行こうと思います。

 

 

どうか、どうか

これ以上被害が拡大しませんように。