ミッフィー大好き主婦の子育て&お小遣い稼ぎの記録

ミッフィーちゃんのこと、2歳の息子の子育てのこと、お小遣い稼ぎについて綴ります。

【カラダのこと】視神経乳頭陥凹拡大と診断されました。

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

こんにちは♩

 

しばらく更新が途絶えてしまいました…!

実は第二子を妊娠し、つわりでまったく動けない日々を過ごしていました。

 

今は少しずつ動けるようになってきたので

以前から下書き保存していた記事をようやく更新したいと思います。

 

きっかっけは健康診断。

きっかけは、2月に受けた健康診断でした。

 

いつもは秋頃に受けていましたが

昨年は引っ越しのバタバタがあり、4ヶ月ほど遅れました。

 

また、私は現在専業主婦なんですが

ありがたい事にこの健康診断は、夫の職場の福利厚生なんです。

 

なので受けるには夫から職場に「私が健康診断を受けたいと言っている」

と伝えてもらわねばならないのですが、こういう事に対しとにかく腰が重い夫。

 

確かに引っ越しでバタバタしてはいましたが、何回言っても

職場に伝えてくれない。そんな事情もありました。

 

健康診断は毎回緊張しますが

今回は何かあるかなーという漠然とした不安がありました。

 

それでも結果が来るその日までは、普通に過ごしていたんです。

 

受診から10日くらい経ったころでしょうか。

いつもの封筒で検査結果が届くも、なんだかちょっと分厚い…?

 

開封してみると、、

 

眼の項目で、”乳頭変化”と書かれており

医師からの所見欄には

眼底の変化が著明です。精密検査を受けてください。

と書かれていました。

 

 

乳頭変化って何?

「え、、精密検査受けてって書いてある」

途端に困惑し、言いようのない不安に襲われた私。

 

そもそも乳頭変化の乳頭がどの部分かが分からない。

 

でも今って、良くも悪くもすぐにネットで何でも調べられる時代じゃないですか(T . T)

 

すぐにネットで調べると、そこには

視神経乳頭陥凹緑内障

といった文字が。。。

 

え。。。緑内障??。。。。

 

そして緑内障について更に調べてみると

”中途失明の原因第一位”

”放置すると失明”

など、恐れていたワードが。

 

とにかくこれは眼科で検査を受けなければ。。

 

眼科受診の結果。

以前住んでいて土地勘のあるあたりに

評判の良い眼科があるとのことで、健康診断の結果を受け取ってから

10日ほどで、はじめて眼科を受診しました。

 

眼圧測定や視野検査、医師の診察を受けた結果

診断は視神経乳頭陥凹拡大。

 

現在は緑内障の初見はないが

将来的に緑内障になる可能性もある。

 

今後は半年ごとに検査をしていきましょう、ということになりました。

 

薄くなった視神経や

拡大した乳頭陥凹の説明を受けている間

私は医師の前で大号泣、、(^ ^;)

 

私はまだ30歳。

息子もまだ3歳。

この先眼が見えなくなったら。。。

 

言いようのない不安に襲われ、涙を止めることができませんでした。

 

現在の気持ち。

帰宅後もしばらく気分が落ち込んで仕方がなかったのですが

いくつか気持ちを持ちなおせた要因がありました。

 

1つ目は、初診の時視野検査を担当してくださった

視能訓練士さん(30代後半〜40代前半)も

「私も緑内障予備軍で、そろそろ目薬をさしていかないといけないかなぁという状況なんです」と教えてくださったことです。

 

もちろん自分自身の問題なのですが

自分とそう変わらないであろう年齢の方も罹患する疾患なのだ…

と少し安心感をおぼえました。

 

2つ目は、診察のとき医師から

「そんなに泣かれなくても大丈夫ですよ」

「そこまで深刻に捉えられなくても大丈夫ですよ」

と言っていただいたことでした。

 

まぁ、冷静に考えると、今のところ視野は欠けていないし

実際に緑内障を発症している訳ではないので、このまま

継続的に検査をしていれば、緑内障を発症したとしても

初期段階から点眼などで対策ができる

ということなのだと思います。

 

診察時は動揺していたので、その言葉をスルーしていましたが

帰ってきてから思い返すと、心の支えになりました。

 

自分なりに考えた原因。

1つは遺伝だと思います。

70歳を超えた実父が、数年前に緑内障と白内障を同時に発症し手術を受けています。

 

自分調べですが、緑内障の親族がいる場合、遺伝することも多いとのことなので

私も例外なく当てはまっているんだと思います。。

 

もう1つは、目を酷使したことではないかと思います。

特に息子が今よりもっと小さく、寝かしつけにも時間がかかっていた頃のこと。

 

向かい合うといつまで経っても遊びモードになってしまうので

「おやすみ」と言って息子に背を向け、豆電球で薄暗い室内で

ひたすらスマホをいじっていたのです。。

 

これは医師に確認した訳ではないので、実際に原因となったかはわかりませんが

この時の行動を心から後悔しています。

 

今は、家にいるときも、電車に乗っている時も

常にスマホをいじっている方、多いですよね。

 

目を酷使することで良いことはないと思います。

 

どうかみなさま目を大切に。。。

 

私は来月、2回目の視野検査に行ってきます。

どうかどうか、見え方に変化がありませんように。。。