ミッフィー大好き主婦の子育て&お小遣い稼ぎの記録

ミッフィーちゃんのこと、2歳の息子の子育てのこと、お小遣い稼ぎについて綴ります。

【出産レポ】切迫流産・早産と診断された私の出産レポ。

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

ご無沙汰しております!

 

無事に出産したらレポを書こうと思っていたのですが

二人育児が思いの外バタバタで。汗

 

少しずつ書き溜めていたらこんな時期になってしまいました。

 

私のように、切迫流産・早産と診断されたママさんの参考になれば幸いです。

 

切迫流産・早産だった私。実際の出産日は?

結論からいいますと

のんびり屋さんの二人目は

なんと、、39週4日までお腹の中にいてくれました…!

 

これにはもうびっくりで。

 

妊婦健診の頃から

「同じ子宮なので切迫早産・流産は繰り返しても不思議じゃない」

と言われていて、今回もお産は早まるものと思っていました。

 

なので、主人の仕事の調整をつけたのも

一人目が産まれた37週あたりのみ。

 

その37週が過ぎ、38週が過ぎ、、

まさかの39週に入ると「一体いつ産まれてくるの…」

と、私には経験することがないだろうと思っていた感情が沸々と湧いてきました。

 

そして友人からの「もう産まれた?」連絡もあり

まるで予定日を超過しているような錯覚に陥り、少しだけ精神的にも辛かったです。

 

「本当にいつ産まれてくるんだろう…」

「前回破水だったから陣痛に気づけるだろうか…」

 

そんなことばかり考えていましたが

そのときはちゃんとやってきました…!

 

陣痛からスタートしたお産

破水からスタートした一人目とは違い

陣痛からのスタートだった今回のお産。

 

「陣痛に気付けるか?」なんて思っていましたが

私の場合、そんな心配は無用でした。笑

 

その日は日曜日だったため9:30くらいまで寝室でゴロゴロしていたのですが

重めの生理痛のような痛みで目が覚めました。

 

まだ寝れるかな、とも思いましたが

念のため感覚を図ってみるとその時点ですでに8分おき…!

(痛みの継続時間は2分ほどでした。)

 

それより前にも「陣痛かな?」と思い間隔を図ったこともありましたが

あんなのの比じゃない。これが陣痛だ。

と私ははっきりと分かりました。

 

すぐに7分間隔くらいになってきたので

この時点で産院と陣痛タクシーに連絡。

 

この連絡の最中にも痛みが襲ってきて、産院の講座で助産師さんが教えてくれた

四つん這いになり痛みを逃すことを試みました。

 

「よくシャワーでも浴びてから…

なんて聞くけど、全くそんな余裕ないわ!!!」

なんて思いながら、やっとの想いで自分とこどもの着替えを済ませ

夫にこれからの流れなどを指示しました。

今思えば、夫もアワアワしていました。笑

 

なんとかタクシーに乗り込みましたが、この時でもうアプリは2〜3分間隔の表示に。

 

10分ほどで産院に着くと、動けるうちに!とすぐさま病院着に着替え

先にお産の方がいたので、控え室的なところで待機することに。

 

このときも痛みは襲ってきますが、助産師さんの内診で

「まだ余裕ありそうね」とのことだったので拍子抜け。

 

子供がすぐに飽きそうだったので

すぐ近くのショッピングモールに遊びに行くように伝えました。

 

私も一旦別室に移動し、お昼ご飯をいただくことになったのですが

箸を付けようとしたとき、今までより一段強い痛みが襲ってきて

身体から汗が噴き出してきました。。

 

何かあったらナースコールを、と言われていたので

迷いつつもこの段階でポチり。

 

すると「もうすぐかもね!」とのことでLDRに移動。

 

この時点でもう体勢を変えるのもやっとで

何かを握っていたい!息もしにくい!

そしてとにかく痛い!!涙

 

ただひたすら助産師さんの目をみつめ(多分必死の形相でめちゃくちゃ怖かったと思う。笑)

なんとかかんとか呼吸を整えました。

「耐えられる気がしませんーーーーーー!!!」と泣きついたことは鮮明に覚えています。

 

そしてあれよあれよと言う間に

子宮口が全開に。。

 

この時、産まれる寸前の心拍の変化ではなく

赤ちゃん自身が弱り始めていたそうで、思いの外早いタイミングで

思いっきりいきんで!と指示があり

もうほんの3いきみ位で、するりと産まれてきてくれました。涙

 

で、この一連の流れがスピーディ過ぎて

近くのショッピングモールに出かけていた息子と夫はギリギリ間に合わずでした!笑

 

 三人目もよぎった二人目の出産

一人目の出産が19時間かかったのに対し

二人目は9時半に痛みだしてから3時間半後にはもう産まれていました。

 

時間は短くても、そりゃ陣痛はめちゃくちゃ痛かったです。

でも、トータルで3時間半しかかかっていないと

身体の楽さがぜんっぜん違うんですよ。

 

なので産後すぐに

「3人目あってもいいかも〜♡」

なんて思ったんです。笑

 

まぁ自宅に戻って現実を見たときに

すぐ3人目無理!ってなったんですけどね。笑

 

まとめ

まずは無事に産まれてきてくれたことに感謝したいです。

そして切迫流産・早産の時期を共に乗り越えてくれた

息子と夫に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

改めて妊娠・出産は奇跡だと思いましたし

前回の妊娠・出産と同じこともあるし違うこともある…

これも強く感じました。

 

ただ一つ間違いなく思うのは

妊娠・出産を決して油断したり甘く見てはいけないということです。

 

お産自体は軽かったですが

お産のときの出血量が一人目よりも多かったり

産後も中々血圧が安定しなかったりと、トラブル?もありましたので

やはり妊娠・出産は命がけだと思うからです。

 

そして、臨月以降、新型コロナウイルスのニュースが世間を騒がせていました。

産後入院中は、ちょうどクルーズ船内での感染が報道されていた頃でしたが

まさかここまでの事態になるとは思っていませんでした。

 

今、妊娠中の方の不安は計り知れないと思います。

マスクや除菌製品などの物資も不足する中、本当に大変な思いをされていることと思います。

ただ祈ることしかできませんが、どうか妊娠中のみなさんが無事出産されますように。