ミッフィー大好き主婦の子育て&おかいものの記録

ミッフィーちゃん大好きな主婦が、6歳の2歳の息子の子育てのこと、おかいものおでかけなどについて綴ります。

【ラン活】大峡製鞄×こどもビームス コラボランドセル(2022年4月新入学)

スポンサーリンク

こんにちは♩

 

はやいもので、我が家の長男も今春小学校に入学します。

今回は我が家のラン活についてレポしたいと思います。

 

結論から言いますと

我が家は大峡製鞄×こどもビームスのコラボランドセルを選びました。

 

では早速!その購入の流れなどをご紹介していきます。

 

 

大峡製鞄×こどもビームス コラボランドセルを知ったきっかけ

f:id:miffyy:20220129221407j:plain
f:id:miffyy:20220129221419j:plain

昨年の3月頃でしょうか。

「そろそろランドセルのこと決めないとね」

なんて話をしていたところ、ふとInstagramに流れてきた広告が目に留まりました。

 

本当に偶然。たまたまです。

その瞬間までは、こどもビームスが革製品メーカーとコラボランドセルを出していることも、大峡製鞄という革製品メーカーの存在すら知りませんでした。

 

でも、私の中で「ビビビッ!」とくるものがあり

詳しく調べて夫にプレゼンすると「ビームスか、いいんじゃない!?」ということで

トントン拍子で来店予約をする流れとなりました。

 

来店予約〜店頭試着当日のこと

この、大峡製鞄×こどもビームス コラボランドセル

試着できるのはなんと代官山と神戸の二店舗のみでした。

 

なぜその二店舗のみなの!?と思いつつも

幸いなことに、一方の店舗は我が家から行ける距離にあるではないですか…!

(ここにもなんだかご縁を感じました。)

 

しかし昨年春もコロナ渦真っ只中でしたので、来店するにも予約が必要でした。

 

私がInstagramの広告を見て興味を持ち

来店予約をしようとしたのが4月8日頃のことでした。

 

その時点では既に販売がスタートしており

来店予約が必要なのも4月11日までとのことでした。

(それ以降は展示してあるものをある程度自由に見ることができると書かれていたと思います。)

 

善は急げということで、4月10日に来店予約をし店頭で試着をしました。

(最初からこのコラボランドセルを狙っていた人の波が落ち着いていたのか

この時点では比較的予約が取りやすかったです。)

 

当日、時間より少し前にお店に到着すると

他にお客さんはおらず、すぐに案内していただけました。

 

我が家の狙いは、軽くてリーズナブルなクラリーノ一択!!

 

そもそも、私たち夫婦は「どうしても革でなければならない」というこだわりなどは一切ありませんでした。ラン活というものに、熱意もありませんでした。

 

また、我が家は小学校まで結構な距離を歩かなければなりません。

息子は普段のお出かけでも意気揚々と自分のリュック(荷物はほぼ入っていない)を背負って出ても、帰るころには下の子のベビーカーにかけるようなタイプです。

 

そのため、狙いは軽量のクラリーノ一択でした。

 

次々に色々なカラーを試着し、息子も慣れないランドセルに「首のあたりがなんか痛いな…」

なんて言っていましたが、好みの色も見つかりこの日は帰ることになりました。

 

思いの外乗り気で助かりましたが、やはりそこは男の子だからでしょうか。

そんなに吟味も長居もすることなく、あっさり退店しました。笑

 

店頭試着から帰宅後、気になった息子の一言…

「うちのラン活早っ!もう終わっちゃうじゃん!」なんて思っていましたが

帰宅してから、店頭で息子が言った「なんか痛いな」という発言が気になり始めました。

 

そもそも、いくら軽量のクラリーノとはいえ荷物がいっぱい詰まったランドセルを背負ってあの距離を歩けるのか?と不安なのに、すでに「痛い」というのは聞き捨てならない…

 

何度か聞いていると「痛い」「あーーやっぱり大丈夫だった」など、二転三転し始めたので、こちらもどうして良いか分からなくなり、もう一度来店することにしました。

 

有名メーカーを比較検討、再びこどもビームスへ!

一度は「ほぼ決まりだ!めちゃくちゃあっさり終わってラッキー!」

くらいに思っていたのに「なんか痛いな」という息子の言葉で、私が一気にラン活沼に落ちそうになりまして。笑

 

調べると「あらゆるメーカーを試してもお子さんの体にしっくり来るランドセルに中々出会えなかったとか」いろいろな体験談が出て来る訳ですよ。

 

「もしや我が子もそのパターン…?今からいろんなメーカー回らないとダメな感じ?」と一気に不安になりました。(一方で「そもそも本当に痛いのか?」という思いもありました。笑)

 

そこで、まずは比較的行きやすい距離にあった、言わずと知れた人気メーカー土屋鞄に来店し、比較検討してみることにしました。

 

土屋鞄に着くと、息子は少しラン活を楽しみ始めたのか、ノリノリでした。笑

高価格帯のものまで、手当たり次第に試着していきます。笑

 

しかし、ここで私が知りたいのは「ここのランドセルだと痛くないのか」の一点。笑

 

ランドセルというものが自体が痛いと感じているのか?

大峡製鞄×こどもビームスのランドセルが痛いのか?

結果次第では、今後のラン活が大きく変わるのです。←大げさ。笑

 

息子に聞くと「痛くない!」と答えます。

「それじゃ今の感じ覚えておいてね。この後、前に行ったお店(こどもビームス)も行ってみよ!」とお店をはしごしました。

 

こどもビームスに着くと、今度は来店予約が不要となっていたので

さっそく息子に背負ってもらうと「痛くない!」と言います。

 

痛くないんかーい。笑

 

思わずズッコケそうになりましたが、これで決められる!!と思うと嬉しかったです。

(息子の場合、慣れないランドセルの造りの違和感?を痛いと表現したようでした。

あと、試着時に着ていたのが薄手のロンTだったことも影響しているかと思います。)

 

購入してから到着まで

無事に色も素材も決まり、いざ購入!となったのですが

購入は店舗ではなく、BEAMS公式オンラインショップ限定でした。

 

1分1秒を争うほどの競争率ではないですが

公式オンラインショップで買い物するためには、アカウント作成などが必要かと思いますので、今年度も同じ方法での決済の場合は、時間に余裕を持ってされると良いかもしれません。

 

4月の購入後、到着したのは10月下旬でした。

 

大峡製鞄×こどもビームスに決めたポイント

これまで購入までの流れを書いてきましたが

大峡製鞄×こどもビームスに決めたポイントも書いておきたいと思います。

 

まず、こちらのランドセルを購入するにあたり、不安だったのは口コミが少ないことでした。

 

購入前に実物を手に取ったところで、実際に子供が荷物を使用したらどうか?というのは想像しにくいですよね。

 

土屋鞄などはご近所にも使っている子が多いので、ママたちに口コミを聞くこともできますが、こどもビームス×大峡製鞄コラボはおろか、大峡製鞄のランドセルを使っているというお子さんに私は出会ったことがありません。

 

そこで私を後押ししたのが、大峡製鞄が昭和10年創業の老舗メーカーであり

製造されるランドセルが学習院初等科でも採用され続けているという点でした。

 

今回私が購入したのはこどもビームスとのコラボ商品なので

本家 オオバランドセルとは異なります。

 

ですが、コラボとはいえ「大峡製鞄」の名を冠している以上は

品質は保証されていると考えてよいのではないか、と考えました。

 

ランドセルを選ぶ基準は人それぞれだと思います。

 

我が家は色も形も価格も、ごく一般的なもので良いのですが

まとまった金額を払う以上、品質は保証されていて欲しいと考えていたので、大峡製鞄×こどもビームスコラボランドセルはこの点でもクリアしました。

 

当初、イオンなどの量販店、他メーカーも見た方が良いのだろうと思っていたのですが、上記の点で納得できたことと、これ以上動くのは面倒くさいと感じたので、我が家はこちらのランドセルに決定しました。

 

実物レポとランドセルカバー

この記事を読んでくださっている方は

2023年度新入学の、これからラン活されようとしている親御さんでしょうか?

 

であれば、まだ使用してもいない新品の実物をレポされても

そんなに参考にはならないと思いますが、一応掲載させていただきます^^;

(実際に私も、数年間使用してみてどうなのかを知りたくてブログを読み漁っていたので。)

 

f:id:miffyy:20220130211732j:plain
f:id:miffyy:20220130211746j:plain

(外箱と中の不織布も大峡製鞄の印字のみです!)

 

f:id:miffyy:20220130211841j:plain
f:id:miffyy:20220130211855j:plain

(出してみました♡もちろんツルツルピカピカ!中も可愛らしい!)

 

すみません。。掲載しておきながら

「ピカピカ♡可愛い」という感想しか、お伝えすることがありませんね。笑

 

なので、一つ有益な情報を!

 

ご近所の現1年生の様子を見ていると、こだわりのランドセルを背負っているはずの子も(ラン活話をママさんから聞いていたので知っている)、帰ってきたらランドセルなんて、その辺にボーーーンなんですよ。笑

 

男の子ということもあるかもしれませんが、かなりしっかりとした礼儀正しい男の子なんですよ?笑

 

その様子を見ていたら

「まじで余程機能面で問題がない限りランドセルは何でもよい」

「ラン活は親の自己満足だ」

ということを思い知らされます。笑

 

と、話が逸れましたが、そうはいってもできるだけ綺麗な状態で使用してもらいたいのが親心。今は、ランドセルのリメイクなんかもありますしね♩

 

そこで、楽天で購入しておいたこちらを装着してみました!

 

f:id:miffyy:20220130211550j:plain
f:id:miffyy:20220130211606j:plain

 

少し大きい、、のかな?笑

でもちゃんとゴムも引っかかっていますし、ヨシとします!

(入学後はさらにこの上から黄色い1年生用カバーをかけるしね。笑)

 

私が考えるラン活のポイント

最後に、私が考えるラン活のポイントをお伝えします。

 

我が家の様に、ラン活時に下の子が乳児の場合は特におすすめしたいことなのですが…

 

暑くなる前に動くべし、、!!です。笑

 

Instagramの広告をたまたま見て、すぐ行動に移した理由は、ビビビ!と来たことはもちろんですが、モタモタしてたら暑くなる!乳飲み子連れて1日でランドセルの試着はしごも何日もかけて予約の時間に動くなんて無理!!と思ったからです。

 

焦らせるわけではないのですが、我が家はこのスピード感で動いて本当によかったと感じたので、特に下の子が小さいご家庭にはお薦めしたいと思います。

 

長くなりましたが、どなたかのお役に立てましたら幸いです♡